男の口蓋裂養生の道はどれらの薬草が殺し精効果がありますか?

は近年、男性精液の質が世界的な傾向にあり、その原因、社会や環境要因の役割は避けられないが、飲食習慣の影響も軽視できない.多くの男性の友達は知らず知らずに食べてたくさん殺して、精子の品質に影響します.漢方薬は毒副作用が少ないと言われ、ザーメンがザーメンに影響を与えないようにするのは、そんなのか?

その問題に、専門家の回答は非常に明確には言わないで:もちろん、漢方薬にもたくさんの毒性の薬は、漢方薬処方で使用率が高いいくつかの薬草も一定の副作用に対して、精液の影響は更に重視すべきである.

統計によると、不妊夫婦で男性不妊者3~50%を占め、しかも男性不妊の原因で精子を主な原因は品質が悪く、不妊症の約85%程度.別のある統計は表明は、今世纪ごじゅう年代初頭から、男性の精子品質ごとにじゅう年10 %のスピードで下がって、この通りペースで進めていたごじゅう~ひゃく年、人類は自然ならず者のふりずんばいおそらく考えようになった.これは精子を守る、ということは、人間自分を守ることということです.」

しかし、人間の生存環境の悪化、性生活方式の開放、食品は汚染、薬品の規格、使用など、人類がかつてない精子に未曾有のダメージを受けている.自然療法の漢方薬の中で、例えば、精子で生育している薬を殺すこともあり、日常生活と臨床薬の使用時に参考にしてください.

雷公藤、ミミズ(蚯蚓)、七叶一枝花、土貝母、パパイヤ、蛇床子、モモ葉、くじん、山海棠、くわい、ニンニク、ゴーヤ、仏顶珠(点地梅全草と喉草)、油茶種、綿実(綿実油の中で含むゴッシポール)、豚胆汁.

以上の薬は、動物実験や臨床観察、それが違う程度抑制や精子の作用を抑制する作用があると証明されている.私たちは食用またはこれらのハーブを使用する際に注意、特に男性不妊患者はもっと重視しなければならない.

pはもちろん、この中で薬草は避妊の良薬として使われているのではないでしょうか.この余地はさらに研究する余地がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です