春の口蓋裂感じ

p」よく覚えて<あの素敵な瞬間で、あなたが私の目の前にそこに.倏忽の幻、美しいイノセンスの天女のようだ.

春はある知らない間、そっと来てくれ、1人の美しい少女、美しい、夢幻、靑春、靑春として、靑春として,このようにひらひらと瀟洒ています.

ように夜、空が靑くて、空気は清新で一気に比類がなくて、草は緑の木が靑々とには、芝生の中、かぐわしい花間につれて、気持ちは春の足音畅然で伸びやか.

何言って、来るから来て、喜び、楽しみ、激情、速も遮れない,口蓋裂、心に満ちた、喜びの感じ、豊満な顔で足が軽い、笑い声が朗々として、空は太陽の光が輝いて.

Pは、こずえにぼそぼその鳥の鳥、大きな喜びと喜びを聞いて、とても多くて、表現する感情も多く、満足感は、気持ちです、朗らかな気持ちです.

ピンクの花は、白い梨花、うすい黄色の金钟花、菜の花が重なり合い、万緑の中、足元に咲くを靑山、緑水岸辺、自然界の装いをひときわ鮮やかだ、色とりどりの花.

芝生の上で、1群の子供は楽しいキック、卸去たとなりの冬服、気軽な気持ちを持って、力の限りを尽くして走るとあって、忘れた宿題の圧力解放者、子供、子供をかみしめている.

渓水ながら、のっぺりと緑柳成荫、風に飘摆緑糸の下げ緒の下げ緒、レジャーガス定の釣叟蓮爺は、静影沉璧山水絵.

の大橋で、靑年走る凧揚げの楽しい陽気で、子供達が自転車グライダーの敏捷撒欢、群れは子犬のドタバタなぶる、老人たち扶栏凭眺無欲静か.

の空の下、にぎやかな凧が舞い、色美しかっ競技、トンボの躍って,嫦娥のしなやかな、鷹の羽ばたき、蝶の色っぽい……風がちらついのたこ、広がる:思い出す七妖精が、思い出して嫦娥奔月を思い出して、梁山伯と祝英台凄婉「蝶…たくさんの美しい愛の伝説を思い出して.かわいい凧、美しい姿を靑空の白い雲の間、飄々にして、飄々な感じは人々の美しい記憶に殘ている.

春の中、そよ風は暖かな、空気は清新で、万物は盛んで旺盛なのです.鳥の歌は婉曲で、人の笑い声は軽快で爽やかで、みんなの気持ちはうれしいです.

p>に沐<陽光、緑林の中を歩いて、花の中でぶらぶら歩いて、花の香りに酔いしれ、春風は吹かれて顔、ロマンチックな考えずの舞い上がる、遠くに流れ.

安閑の歩くちょい春の雨の中、続いて絶えない日光の下で、深い早朝の空気を吸って、香りの淡く微かな香り、心にしみわたって、深い感銘を与えるような味わい、1杯の香りあふれる緑茗お茶,ロップセックス.春の味は、とても春の感じが、ふと、なにげなくとして、ちくちくとして、ちくちくとしている、ということです

☟ED治療薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です