摂生法の口蓋裂遵守九原則

摂生法、実はただいくつかの非常に簡単な規則が、みんなはいつも多くの養生方法を探し続けて、忘れた最も基本的ないくつかの原則を遵守し、かえって逃がした最も有効に役に立つの原則.

安すぎない:涙にごろごろして、生活に対して意気消瀋の情趣を失ってから、たとえ退職家ではよく、とくに、散歩チャットやオフィス作画、将棋観劇などから、気持ちがすっきりしてて、益于延年増寿.

衣が暖かい:美観あまり暖かくてもあまりにもうすい、暖かい風邪を引きやすい、冷えが冷えやすい.

食がいっぱいで満腹感を、太さでも食べて、生臭物とあっさり相兼,媚薬 入手.

が贅沢で:聖人は鶉居して鷇食す、居室華麗易奪誌.

しかし、富:体は健康で、できるだけ歩代車で.出かけるにしても、乗りしてはいけない.

しかし、疲れる:労働が荷重を超えやすく体にダメージをもたらしやすいと.毎日仕事はち時間、はち時間外で適当にぶらぶら街、見て紙、切り替えが必要だ.

嫌い望外:人が祝い事の精神に会う.しかし好き好きすぎない、喜は悲しい、古人範進“挙人”になる後が気が狂って、つまりは好きだ.

Pは、嫌なことはありません..怒りは肝を傷、肝を傷つけて、癇を起こし、癇を起こして、涵養、涵養、楽観的な処世.

「p利はむさぼら:名にすぎないが、利にはむさぼらがない.平穏、よく働きよく倹約する、心にかかるものはないことで、自然に、無欲長楽生き耄耋.

(実習編集:张曼)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です