手洗いは、口蓋裂リスクを使用して、石鹸で手洗い、消毒消毒を使用することができます

専門家は、石鹸で手を洗うのは手洗いに手洗いして更に殺菌する消毒を殺菌することができます.次と小編では、正しい手洗い用品を選択してみようか.どのように手を洗う液体を选んで?手洗い液中のアルコール含有量が60 %以上に、殺菌作用が大きくなり、この手洗いで手洗いを使えば効果がないのです.ハンドソープを購入する時、注意検査その製品ラベル表示の有効成分の含有量は、少し手を洗う液体,エタノール、パラアミノ安息香酸やイソプロピルアルコール含有量などの代わりに表示を確認したのは、いくら標はどの形式、その含有量は全部で60~95%の間で、もし60%を下回り、細菌やウイルスに対する有効.でも、アルコール分は高い方がいい、アルコール含有量が95 %以上アルコール、殺菌効果はかえって抑制されます.手洗いは石けんでも手洗い液?多くの人は、手洗い、殺菌、殺菌、そしてエモリエントの効果があると信じています.しかし、雑誌近日発表の文章は、手洗い液が効果的に皮膚の細かい隙に付着していないものを取り除くことができないと指摘している.手洗いは殺菌には汚れ、殺菌消毒は手洗いの主な目的、手洗い液は殺菌の作用にしか満足できない.大多数のためのハンドソープでアルコールを含んで、アルコールを取り除くには効果がない付きで細かい汚れ皮膚隙間のいくつかのように、ほこりや土、血の跡など、だから、一度手に染みや汚れ、ハンドソープだけでは足りない.目には、手洗い液を使う前提は先にこれらの汚物を取り除く.殺菌消毒石鹸成分:ステアリン酸グリセリンエステル成分:ステアリン酸グリセリン.添加剤:ほう酸、硫黄、フェノール類等の殺菌成分、一定の細菌を消滅することができます.実は、病院に行ってみると、多くの医者は石鹸で手を洗うのは,口蓋裂、石鹸の値段が安いというわけではありません.手を洗う方法:1
媚薬通販 .手を洗う液体は、石鹸の予備軍として、最良の手洗い方は、先に石鹸で手洗いして汚れを取り除く、更に手洗い液殺菌を使用する.手を洗うときに.液でもない多々ますます善し、毎回使用時に1滴は十分で、手に繰り返し揉み洗い後、更に流れ水を流しじゅうご秒以上,これで手を洗い液を徹底洗浄.