口蓋裂の頻度は?

日本人の多くが悩まされている生活習慣病高血糖、尚血症は、すべて高い」とい立子がつく費です。これら は、ものが溢れ出し袭態を示しています。元々の容器の大きさに対して、過剰にものを入れすぎている(食べすぎ)、あるいは捨てる ことをせずに溜め込んでいる(運動不足)雜〗です。
簾管理の要は、この摂取と消费のバランスですが、そのバランスののためにも「上体温」は大きな役割を果たすことが、の研究でわかってきました。
たとえば、先に挙げたよう活病を引き起こすは、これまで「メタボリック•シンドロ —ム」と言われていまし今シンドロ —ムというのは「群」とい念总味ですが、最近は「メタボリック.ドミノ」と表現されることが多いです。つまり、の原 因が個々に独立して存るわけではなく、ドミノ倒しのように、大本の1個が倒れると絞けてパタパタパタと倒れていって、病気が 現われるというわけです。ところが、体温が高いと、ドミノが倒れる前の「ついたて」のを果たし予防ができるのです。
で苦し著さんの中には、からだの調子が悪いから体温が低くなるのだろうと、温であることを「結果」だと思っている 方いのですが、実はその逆で、健康かすさまざまなが起こる「原因」は低体温にあるのです。
口蓋裂の頻度は
口唇、口蓋裂の赤ちゃんの出生してくる頻度について、昭和56年から、愛知県産婦人科医会、愛知県助産婦会、日本母性保護医協会岐阜県支部、岐阜県助産婦会、三重県産婦人科医会、三重県助産婦会の会員の方々の全面的なご協力のもとに行っている調査結果をみますと、だいたい500~700の出産に1人くらいの頻度であります。ということは百数十家族に1人の割合で、家族に口唇、口蓋裂の息者さんがいるということになりますが、これは白人800~1000人に1人、黒人の1000~1800人に1人に比べて日本人では相当高率といえます。また、お隣の韓国や、アメリカンインディアンでも比較的頻度が高いので、一般に、黄色人種では口唇、口蓋裂の頻度が高いと考えられます。