口蓋裂の関連情報

口蓋裂発生の原因としては、遺伝子、妊娠中のたばこ、ストレス、服用薬などが可能性として挙げられますが、例えば、「あの遺伝子があったから」とか、「妊娠中に一度だけ飲んだ風邪薬が原因じゃないか」のようにある一つの要因に特定されないことがほとんどで、その多くは原因不明であります。
口唇裂・口蓋裂のお子様の健全な成長が最終的な治療目的です。そのため、実際はお子様の成長に合わせて治療します。

大きくわけて4つの問題点があります。

1)口唇裂のあるお子様には、唇のかたちと役割の問題(口唇の審美的および機能的問題)があります。見た目がつながっていないだけでなく、唇の動きに関わる筋肉もつながっていません。

2)授乳(哺乳)の問題があります。口蓋裂のあるお子様は、のどの奥を閉じることができず開いてしまっているため、口の中で空気をためて陰圧をつくることができません。その結果吸う力が弱く母乳をうまく飲むことができません。

3)ことば(構音)の問題が1歳6ヵ月頃から生じてきます。これも口蓋裂のあるお子様に生じ、息が鼻から漏れた声になるという問題があります。

4)歯並び(歯列不正)の問題が唇顎裂、唇顎口蓋裂のお子様に生じてきます。歯茎同士がきれいにつながっていなかったり、その部分にもともと歯がなかったりすることが原因です。

口蓋裂のあるお子様は、ことばを発するときに、健常のお子様と違った方法を用いることがあり、それが習慣化してその後、‘癖’として残ります。そうならないよう、ことばの専門家による言語訓練を口蓋裂の手術が終わってから始める必要があります。

朝立ちセックス

ばいあぐら女性用可能?

高血圧は肥満に関係がありますか?