口蓋裂の原因について

口蓋裂は口と鼻を隔てている上顎(口の蓋)に亀裂が発生して生まれてしまう病気のことです。口蓋は口蓋突起という組織が左右からくっついて形成されます。レビトラこの口蓋は妊娠8-12週のゴロに郊外が形成されますが、この過程で何かの異常が生じましたら、口蓋裂が発生します。
口蓋裂のある赤ちゃんを生まれたら、整形し、いろいろな費用がかかります。しかしこれは一体どういう状況で、どのような原因で発生するのでしょうか。
遺伝的要因に加えて、赤ちゃんが母親の胎内で順調に発育していく媚薬過程を妨げようとする要因が複雑に作用して発生すると考えられています。たとえば、妊娠10週ごろには舌が口蓋突起の間に存在していますが、下顎が大きくなり舌が下方に移動して口蓋突起がくっつきます。
しかし、下顎が過度に小さい場合には口蓋突起の間にいつまでも舌が介在して口蓋突起の癒合を妨げ、口蓋裂が発生する場合があります。このような場合にはU字型の幅広い口蓋裂がみられます。