健康と胃腸の口蓋裂楽しみは新年を迎えます

年あり、食事摂取量を過ごして、多すぎる刺激油っこい食べ物や食べない清潔な食べ物や暑さももたらしやすい合併を食べ、消化不良などの胃腸の問題.下痢は俗に言うのお腹はみそかの間で最もよくある胃腸問題、原因は飲食物が不潔で、食品アレルギーあるいはウイルス性感染症で、少ない部分は細菌感染と関係がある可能性があります.ウンチはドロリまたは水状になって、回数が不定に、排便量と味もその味も、病原性によって違います.伴って腹痛、腹は膨れて、偶然に発熱、倦怠.

下痢は特にみそかの間にある胃腸の病気.感染は急性下痢の主な原因.様々な微生物の感染刺激が腸にうごめい、水分を吸収することはできません.微生物が最も多いのはウイルスと細菌で.ウイルス感染は下腹部が主とし、大量の水が大量に主とさ、吐き気、腹痛、腹痛の症状があります.細菌感染は、大腸が主とし、大便が少なく、糞便にはムチンや血痕が含まれて、吐き気が少ない場合、下腹部痛.食べ物や飲料中の毒素も下痢、これは食中毒の原因となります.毒素が発生する下痢症状が起こると速いと、食べないものは症状が発生し、数時間くらいしかかかりません.腸の蠕動を刺激して下痢をします.多くの東方人は乳糖乳糖の酵素が不足しています.牛乳や乳製品も下痢をします.

ウイルス、細菌感染の場合は、水分や電解質を適当に補充し、自分で治るとなる.もし脱水、発熱や血便、尽くすべき速、医者にかかる若連日や病状を治療する医師ももっと深刻.

からに日頃から胃腸肝胆旧疾者、特に注意する必要がある正月期間の飲食の状況、たとえば胃酸た多い、なるべく避ける食酸性食品、酸性果物、もち米型食品,辛い少なく食べて、甘いものにも多く食べるべきでなくて、酒、コーヒー、お茶の少量のいいけど、薬などがの中では避けるべき)、胆石があって、胆嚢炎や膵臓炎病歴者、宜避け高脂肪食または避ける食料理、易膨れる息や腹部膨満、排気頻繁者、パン、豆製品少ない摂取、肝炎、慢性肝疾患患者宜とり高卵白食べ物,新鮮な魚、肉、禁酒、十分休んで、消化性潰瘍を出血者は保温に注意するべきで、過度の興奮や緊張を避ける.実は、これらの注意事項も普段と変わらないこの注意の食習慣は、春節期間の楽しい雰囲気の下で、よくそれを忘れ去る、暴飲暴食、旧疾もが爆発した.また、最近では、急性胃腸炎の原因として流行性風邪となり、吐き気、腹痛、下痢、発熱などの症状があります.

『p』はとにかく、お正月の間、自分の胃腸を大切にしていますか?最も重要なのはリラックスして普段緊張、十分な睡眠、飲食は量を過ごして、飲んだがいっぱい歩い痛飲する、食後、徹夜演奏アトラクション」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です